ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

紅憐鬼

作品番号
654145

最終更新日
2018/10/17

紅憐鬼

遥波/著 ジャンル/歴史・時代
104ページ
PV数/142,009

紅憐鬼。
 
幕末にいたと言われる異質な力を持つ最強の殺し屋。

彼女は新選組に救われた。





私も紅憐鬼と同じ。


最強と謳われる異質な力を持つ殺し屋。


けれど彼女と私は違う。


彼女には彼らがいた。


けれど 私には…… 



誰も……いないーー……。



『いるだろ?俺らが。』

 えっ………。



 そう言ってくれたのは……



 紅憐鬼を救った『新選組』の生まれ変わり!?!?



 彼らが語った衝撃の真実


 私が『紅憐鬼』の生まれ変わり!?!?




 『迎えにきたぞ』

 『今も昔もお前の居場所は此処だ。』

 『おかえり』




 ………ありがとう。

 また、あんたたちに助けられちゃったね。



 やっぱりいつだって新選組は


 私のたった一つの居場所ーー……。




since.2011.10.07〜



※ 作者は剣道等あまり分からないので、戦いのシーンなどははしょって書くかかなり読みづらくなると思います。ご了承下さい


小説を読む