ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

つむじ風。

作品番号
645641

最終更新日
2012/10/18

つむじ風。

つるぎ須磨子/著 ジャンル/恋愛(純愛)
192ページ
PV数/192,636・総文字数/90,549

なぁ、博子。
覚えてるか?

俺はこう聞いたよな。
「あの雲の名前知ってるか」と。

ひとつだけ寂しそうに、
ぽつんと浮かぶ雲。

そんな質問に
おまえは真剣な顔で答えてた。

俺としたことが
そんなおまえの顔に、
思わず笑っちまったじゃねぇか。

「はぐれ雲っつうんだよ」

あれからおまえは
俺になくてはならない存在になった。

おまえの真っ直ぐで
何の穢れもない想いが
俺を支えてくれた。

そして時に俺を…
どうしようもなく苦しめた。

なぁ博子。

俺の想いは小さなつむじ風だ。

道端で
公園の隅っこで
おまえの足元で
小さく渦巻いている。

誰も気に留めないだろう。

どんなに頑張っても塵や砂を
ほんの少し巻き上げるだけだ。

竜巻のように
おまえの全てを包み込み
奪い去ってしまうことなんて
到底できない。

なぁ博子。

おまえを忘れたことなんてない。
俺にはおまえしかいない。

たとえ生きる世界が違っても、
光と影の世界に
分け隔てられようとも、
おまえを想わない日はなかった。

おまえだけを見ていた。

だけど、
つむじ風はつむじ風なんだ。

最期の最期まで…

でもこれだけは言わせてくれ。

ずっとこの一言が言いたかった。

博子、愛してる。


初恋同士の亮二と博子。
15年前に途切れた想いが
今まさに
紡ぎ直されようとしている。
暴力団幹部となった男と
刑事の妻となった女の
許されざる再会。

「はぐれ雲。」の新明亮二を中心とした
ストーリーです。
あまり描かれることのなかった
亮二の知られざる想いと、
その生い立ち。

まず、「はぐれ雲。」を読まれることを
お勧めします。
「つむじ風。」ではその内容が
かなり省略されています。


小説を読む