ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

願いを乞うなら、跪け!

作品番号
644359

最終更新日
2011/9/22

願いを乞うなら、跪け!

灰啝/著 ジャンル/その他
10ページ
PV数/1,274・総文字数/2,150




きっと分かっていた。



『星は掴めないと』



諦めきれなくて


夜、屋根に登った。



どうしても手が

届かないのなら、


せめて

流れ星ならと。



そう思っていたら、


屋根の上には君がいた。




鈍感少女
「あなたは、王子さま?」

×

「さあ…どうだろうな」
神々しい青年





闇のような君は

黒に染まって消えた





小説を読む