ケータイ小説 野いちご

おじいさんの懐中時計

作品番号
605134

最終更新日
2011/6/23

おじいさんの懐中時計

空露/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
27ページ
PV数/531・総文字数/8,308

小説家志望だった、僕の母親が以前に書いていたファンタジー童話。


これは昔から僕の大好きな物語…。
僕がケータイ小説を書くキッカケにもなりました



ペンネーム《森 優子(モリ・ユウコ)》の作品。
【おじいさんの懐中時計】


読み終わった後に、ほんわかした気持ちになるような、そんな小説です。




※(著作権に引っかからないように、母親本人から許可を得て、公開させて頂いています)


小説を読む