ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

先生が死んだ日

作品番号
595893

最終更新日
2011/6/24

先生が死んだ日

結永/著 ジャンル/青春・友情
32ページ
PV数/8,492・総文字数/4,552



いつも褒めてくれた先生。

大好きだった先生。


バカみたいに憧れた。

先生みたいになりたいと思った。


ガキみたいな淡い夢を、

意地でも現実にしたいと思った。


もうこの筆を執ることを

迷わない。



日々に疲れた、失望した、

今を懸命に生きるすべての人へ。


小説を読む