ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

先輩の背中

作品番号
584015

最終更新日
2011/8/11

先輩の背中

原田 める/著 ジャンル/ノンフィクション・実話
7ページ
PV数/1,234・総文字数/2,997


先輩のこと、思い出す度






苦しいくらいに胸が痛むのは





ほんとうに大好きだったから。









「………俺はやめとけよ。」







そういったあなたは、誰よりも厳しく、優しかった。







「お前なら俺以外でも大丈夫。」







ねぇ、先輩。







他の人なんかじゃなくって、先輩が良いんです。









……年下は、対象外ですか?


小説を読む