ケータイ小説 野いちご

練乳いちごタルト

作品番号
560945

最終更新日
2011/5/6

練乳いちごタルト

安藤 瞑大/著 ジャンル/青春・友情
7ページ
PV数/69・総文字数/4,281

私のパパは小説家。

私のママはデザイナー。

パパとママは別れ、私達は離れて暮らしている。

親の離婚に振り回されて、私は特別不幸なんじゃないかと思い込んでいたけれど、あの頃私達は、確かに家族で、幸せだった。

佐藤 一湖(さとう いちこ)12才。

これは、私の大好きな、あの練乳いちごタルトみたいに、甘ったるくて、ちょっと酸っぱい、そんな物語。


小説を読む