ケータイ小説 野いちご

真っ暗な暗闇の中から

作品番号
440622

最終更新日
2010/6/23

真っ暗な暗闇の中から

daaaaiSuki/著 ジャンル/恋愛(その他)
1ページ
PV数/1・総文字数/1

夜がすき。
昼は嫌い。

そんなことを思うようになったのはいつからだろう?
いつからか、私はダレもいない夜が好きになっていた。



めんどくさい昼。
わたしにはそんな世界いらない。
暗闇の中ひとりでいる。




ひとりは孤独で寂しい。
でも、誰にも傷つけられることがない。
そのほうがずっと楽。


誰かに傷つけられるのがこわくて心をとざしていたのに...
どうして私の中にはいってくるの?


小説を読む