ケータイ小説 野いちご

魚住の生き方

作品番号
368980

最終更新日
2014/4/18

魚住の生き方

魚屋/著 ジャンル/恋愛(その他)
110ページ
PV数/6,894・総文字数/14,040

私、冴子。

始まりは、二十歳。


あの日、兄が私に言った。

「もう、自分を許してやれよ」と。

そして、私は、

生まれ変わった。


魚住という男に会うために。






これは私と魚住の物語。

魚住そのものでもあるし、

私そのものでもある。




出来るだけ、正直に語りたい。


でも、

私と言うフィルターを通して写る魚住は

いつもどこか、

捉えどころが無かった。



結論を言おう。

魚住は、

最低で、





最高の、

男だった。



小説を読む

NEW!!