ケータイ小説 野いちご

夜の世界

作品番号
308295

最終更新日
2009/9/9

夜の世界

suzu-rin/著 ジャンル/その他
99ページ
PV数/7,793・総文字数/16,042

私が道を踏み外したのはあの場所へいったからだと思う。


女の子達をただのお金と思い、自分達の都合のいいように利用して、


堕落させていく。


女の子達はそんなおかしな場所に


おかしいと思いながらも足を運んでしまう。


そんな場所。


人も気持ちを弄ぶ卑劣な人間達。


決して興味本位で行ってはいけない。


一回だと思って行ってしまうと


気づけば自分の人生は狂ってしまうから。






*このお話はフィクションです。
人名などは全て仮名です。
職業の方を否定したものではございません。

上手くはありませんが、読んでいただけたら幸いです。


小説を読む