ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

開かない扉

作品番号
307978

最終更新日
2010/4/26

開かない扉

雪涼/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
87ページ
PV数/21,641・総文字数/74,412

土の上に寝転がって空をながめると、数えきれないほどたくさんの星が見える。

そして、時には流れ星も降ってくる。

いくつかの流れ星を見送っているうちに、私は今どこにいるのかがわからなくなってしまう。

そう、土の上で寝てるはずなの。
けれど、飛び起きて、周りをみればそこは、土の上ではなく、全体が光った舞台の上に人がひとり通れるくらいの扉が1つあるだけ。


さぁ扉を開けて・・・。
扉に手をかけて、扉を開けようとする。


けれど、私の目の前の扉は開かずに、私は扉を目の前にして、落ちていく。
声も音も聞こえない時間が過ぎていく。

そして、扉を開けそこなってたどりついた世界は私の新たな未来を創り出していた。


小説を読む