ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年11月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後

    ダンダンっ
    バスケットのボールの弾みで音がなっている。
    私、花(はな)は1つ上の好きな先輩がいる。
    放課後の部活時間は私の大好きな時間。
    誰にもバレないように、ひっそりと体育館を覗く。
    「奏(かなで)ナイッシュー!」
    そう聞こえた方を見ると、私の片想いの相手の奏先輩がシュートを決めていた。
    奏先輩は満面の笑みを浮かべていて、私も笑ってしまう。
    すると、奏先輩は私の方を向く。
    ビクっ
    「君が毎日練習を見に来てる子?」
    そう聞かれた。
    顔が赤くなるのを感じながら答えた。
    「は、はい…」
    「君なんて名前?」
    練習行かなくていいのかな…
    「えっと、花です。」
    「花ちゃん…似合ってるね!」
    そう笑顔で言った。
    どうして…話すともっと好きになっちゃう。
    「俺、花ちゃんのこと時々見てたんだ。」
    え…?
    「ずっと気になってた、あの子可愛いな、どんな子なんだろうって。」
    嘘……
    「だから、俺と付き合って。」

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 授業中
    • 教室
    • 告白

    奏「すぴーがーZz」
    がんがんがん!
    宇宙「奏!おきろ!当たるぞ次!」
    奏「はっ!え、つぎ!?答え何?」
    宇宙「…。」
    奏「??ん?」
    宇宙「おれ、、理科無理。」
    奏「え!田中くんでも無理な教科あったの!?」
    先生「次!」
    奏「え!!田中くんー!!!」

    開く閉じる

    • 彼目線
    • 壁ドン

    俺はコイツと幼馴染。親同士仲が良くて小さい時からずっと一緒で腐れ縁ってとこ。
    恋愛感情はー。

    「俺はすきだーーーー!!」
    「うるさい。」

    ハッ!

    夢の中で告白するなんて...

    「何笑ってんの怖いから笑。学校行くよっ」


    「今日も遅刻ギリ。起きれるようになってよね」
    「豚か。ブーブー言いやがっ、、うぐっ」
    何かの箱で頬を叩かれた
    「朝ごはんコレね、今日ポッキーの日らしいよ」

    なぬ!?この状況っ。人いない通学路っ。隣には好きな女 。



    「きゃ!」

    壁ドン成功。よしっここからが本題だ

    「せっかくだしポ、ポッキーゲームでもしようか」(イケボ)
    ギリギリで寸止め。ドキドキ作戦開始!

    「いいよ」
    「えっ」
    カリッ、カリッ
    「!!!!」

    この女..俺の気持ちも知らずに..
    カリッ

    「口離したからアンタの負けね笑」
    「もっ回!」
    「やだよ何もう一回て。キモい笑」

    あぁ泣

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

指定された小説の情報がありません。

トップ

▲