ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年06月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生

    この場所に君はもういない。






    私の憧れだった君


    ずっとずっと君と同じ舞台に立つことを夢見ていた


    でも、それももう叶わない



    ずっと好きだったけど、想いは伝えられなかった。







    たとえ、遠くに離れても。



    君のことは忘れない。














    ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

    ずっと好きでした。








    今まで、私に勇気をくれてありがとう、





    きっとまたいつか。

    ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室

    ねえ、こっち向いて? そんなこと言ってきた幼なじみの健太。 何であたしなんかに話しかけるのよ。
    なんでって?そら、お前の事好きだからに決まってるじゃん。
    ばかな健太...もっといい人いるでしょ?
    お前が良いの、お前が!
    そんなお前が好きなの
    教室には、春の風が吹き顔と顔がかさなった。

    開く閉じる

    • 校舎裏

    私、白石美帆(しらいしみほ)保健室の当番です


    「しっつれ~しま~す!」

    「どうしたの?って裕信(ゆうしん)か」

    「美帆、裕信かってひどくない?
     素直じゃないよな、俺が好きなら好きでいいのに」

    好きじゃないよ…


    「違うから!って悠人(はると)まで!」

    「おい裕信、俺の美帆に触らないで!」


    いやいや俺の美帆って!


    「私、2人のものじゃないよ!」

    「「じゃあ俺らのどっちか選んで?」」


    私はどっちを選ぶべき?

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

指定された小説の情報がありません。

トップ

▲