ケータイ小説 野いちご

処刑人は暗闇で泣く

作品番号
280068

最終更新日
2009/7/8

処刑人は暗闇で泣く

涙の喜劇人/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
19ページ
PV数/36・総文字数/6,544

無から有を作り出す力…術。
また、それを扱える者達を術者と言う。

そして、処刑人。

あらゆる罪人を処罰する意味で使われていた単語。
太古の昔から戦士、魔女、忍者、吸血鬼…名前は変われども各時代に確かに存在した。
彼、或は彼女は様々な術を持っており、その能力を自在に操れる。

そして今、ここに一人の処刑人の存在がある。
彼が行き逝く先は天国か、または地獄か…。


有沙さん感想コメありです!


HPで絡み募集中〜。
小説について話しませんか?

事情に付き、非公開設定にします。先に、自由帝の笑顔の嘆きをお読み下さい。


この作品を読むにはパスワードの入力が必要です。