ケータイ小説 野いちご

僕とみつばち

作品番号
261150

最終更新日
2009/9/6

僕とみつばち

南国/著 ジャンル/恋愛(その他)
55ページ
PV数/509・総文字数/20,937




きみが隣で笑ってくれている。
それはきみにとって、また僕にとって、ちょっとした奇跡なんだと思う。



いつの日か見た、朝焼けにも似た、少し切なくて希望に満ちたこの道を。



いつまでも



どうか、いつまでも。



きみとふたりで。




小説を読む