ケータイ小説 野いちご

生と死の間で

作品番号
236795

最終更新日
2010/2/13

生と死の間で

未知+゚/著 ジャンル/詩・短歌・俳句・川柳
64ページ
PV数/701・総文字数/7,480


言葉には不思議な魔法がある

言葉一つで

嬉しくなったり
悲しくなったり


生と死の間で

僕はどれだけの声を言葉
を聴いただろう

僕もどれだけの人に
どれだけの言葉を言ったのだろう

時には嘘を言った


たくさんの人が色んな気持ちを持っている中

僕らがいて共に生きていて
存在していて

皆違うからこそこんなことが可能なんだと思う

僕はそのことに誇りを思うよ











小説を読む