ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年07月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 暴走族【お題】
    • 放課後
    • 廊下
    • 告白

    「りか一緒帰ろ?」
    帰りを誘ってきた顔が整っている私の彼氏、遥真。あまりの不意打ちに胸がキュンとしてしまう…。
    (ずるい…キュン死させる気か!)
    って心の中で考えてたら急に後からぶつかってきたヤンキーが居た。
    私は思いっきり転けて膝に傷が出来た。
    泣きそうな顔を必死にこらえながら私は遥真を見た。遥真はぶつかって来たヤンキーを睨み付けている
    「遥真、私は大丈夫だから…。ね?」
    「何が大丈夫だよ。泣きそうになりながらそんな事言っても説得力無さすぎ。ちょっとだけ、目瞑っといてくんね?」
    「えっ?ちょっと待って遥真!なにす…」
    言いかけてた言葉はかき消され、タオルを投げられ視界が真っ暗になってしまった。でも、真っ暗の中で聞こえた鈍い音。ヤンキーの怒鳴り声…。何やってるの…?
    風でなびいた隙間から見えた。
    噂の赤鬼と言われた腕の刺青。暴走族の総長。朱尾遥真だった。
    「りかは俺が一生守るから。」

    開く閉じる

    • 暴走族【お題】
    • 授業中
    • 屋上
    • 後ろからギュッ

    今、私はもう別れようと思っている、彼氏がいます。名前は一ノ瀬蓮って言うの。暴走族、紫龍の総長で金髪で青い眼のイケメン!だけど浮気ばかりする最低な男なの。
    蓮「何?こんなところに呼びたして」
    菜「あのさ、私と別れてくれない?」
    蓮「何で!?」
    菜「なんでか、分かるでしょう」
    菜「もう限界なの。あなたが、いろんな女と遊ぶから、私が虐められてるの。でもあなたと一緒に居られるならそれで良かった。でも、浮気ばっかりして私に構ってくれなかったじゃない。」
    もう、無理なの
    もう教室に帰ろう。
    蓮「ギュッ、、、ゴメン、、、本当は」

    開く閉じる

    • 年下甘えた後輩
    • お昼休み
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    可愛い後輩ー雪YUKIー

    可愛いものが大好きだけどツンな先輩ー愛姫Aliceー


    愛姫『今日なんかうるさいな。…まぁいいやー
    お昼休みだし小説でも読むか!』

    ーーーーガラーーーーー

    ??『せーんぱい!えへへ今日も先輩に会いたくてきちゃいました!』

    愛姫『?!雪君!?…ってきゃぁ!?後ろから抱きつかないで!あと!ここ3年の教室!早く帰りなさい!ダメだよ!』

    雪『ちぇ!先輩素直じゃないなぁ!でもそんなとこも好きです///!先輩!また放課後迎えに来ますね!(ニコ』

    ーーーーガラーーーーー

    愛姫『雪君が来てたから騒がしかったのか……!?!?あー!!!!どーじよ!!また雪君にあんな態度とっちゃった!嫌われたらどーしよ!雪君みたいな可愛い男の子いないよ!嫌われたら終わりだよ!…にしても最後のニコ…可愛かったな!写メとっけば良かった!!』

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

指定された小説の情報がありません。

トップ

▲