ケータイ小説 野いちご

飴玉とサイダー

作品番号
191955

最終更新日
2009/1/16

飴玉とサイダー

SOIANA/著 ジャンル/恋愛(その他)
1ページ
PV数/0・総文字数/1

早足ですぎてゆく日々の中でこの恋はほんの一瞬だったのかもしれない。
それでも、私にとっては一生残る、初めての恋だったの。

スキでした。
本当に。

でも、この想いをあなたに伝えることはできなかった。
私が臆病だったから。



それに、私は今でも……。


小説を読む