ケータイ小説 野いちご

嘘~偽彼女の秘密~

作品番号
173896

最終更新日
2016/2/5

嘘~偽彼女の秘密~

グー(≧ω≦)b/著 ジャンル/恋愛(その他)
23ページ
PV数/2,654・総文字数/4,988



一度、ついたら最後まで付き続けるのがルールだと思う。

だまし続ける自信がないなら、つくべきではない。

私にそんな自信があるわけなく、どんな些細な嘘でも友人を傷つけてしまうことを知っている。

たとえ、それが相手のためについたものであったとしても・・・

だから、私は嘘をつかない。

そう、誓ったはずなのに・・・。





私に声をかけたのは、学校一いい男だといわれる早瀬誠。


父親が理事長を務める早瀬コンチェルンの嫡男。


親の地位で学校内の地位が決まるこの学校で頂点と底辺に位置する私たちを結びつけるものはなかったはず。


彼の気まぐれさえなければ・・・。


小説を読む