ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

無価値と呼ばれる『恵みの聖女』は、実は転生した大聖女でした~荒れ地の国の開拓記~

作品番号
1666799

最終更新日
2022/5/26

無価値と呼ばれる『恵みの聖女』は、実は転生した大聖女でした~荒れ地の国の開拓記~

深凪雪花/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
138ページ
PV数/683,958・総文字数/79,226


荒れ地の国の第一王子に嫁がされることになった聖女の国土開拓記!

※突っ込みどころがあるお話かもしれませんが、生温かく見守っていただけたら幸いです。
※『小説家になろう』でも掲載しています。

あらすじ

『恵みの聖女』はシムディア王国においては無価値な聖女とされている。しかし、今代の『恵みの聖女』クラリスは、三食昼寝付きの聖宮生活に満足していた。
 このままこの暮らしが続く……と思いきや、荒れ地の国タナルの王子サイードに嫁がされることになってしまう。
 サイードとともにタナルの人々が住めない不毛な荒れ地を開拓することになったクラリスは、前世の知識やチート魔法を駆使して国土開拓します!


小説を読む