ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

幻燈ショー ~苦いだけの恋じゃない~

作品番号
1666666

最終更新日
2022/7/2

幻燈ショー ~苦いだけの恋じゃない~

一色 繚/著 ジャンル/恋愛(学園)
277ページ
PV数/2,180・総文字数/186,600


大人っぽいよね。

落ち着いてるね。

それが私、”椎名芙由”だ。

――教師も大人も、弱い自分も、ダイキライ。



(二面性あり)くせ者教師:一糸 春/ITO Azuma
「最近素直だな」

VS

「余計なお世話です」
達観系(を装う)女子:椎名 芙由/SHIINA Fuyu



トクベツでいられるのは
お互いに『恋愛対象外』だから。



「ガキの惚れた腫れたなんて、興味も沸かねーよ」

大人なんて好きじゃない。


「お前には取り繕わなくいいから本当に助かるよ」

教師なんて好きじゃない。


「…………お前さ、オレのこと好きなの?」

好きじゃ……。


「誰にも頼らずに頑張るのはいいよ。
でも助けが必要なら言え、
距離を取るのだけはやめろ。
オレが教師でいる意味がなくなる」



一筋縄ではいかない
教師VS生徒(不器用同士)の青春じれ恋ストーリー

あらすじ

『ヒロインの親友ポジ』をなんとなく自覚している椎名芙由。大人っぽいよね、落ち着いてるね――それこそが“自分らしさ”だと貫いてきた。

しかしたった一度、見ず知らずのモサイおじさん(モッさん)に「ガキ」と連呼され、涙ながらに本音をぶちまけてしまう。

気持ち新たに迎えた高校生活。そこに待ち受けていたのは、想定外すぎる再会と類のない日々、そして定められた別れだった――。


小説を読む