ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

幼なじみとの恋は呪いに背中を押されて動きだす

作品番号
1656009

最終更新日
2022/1/9

幼なじみとの恋は呪いに背中を押されて動きだす

やまもと ゆうき/著 ジャンル/恋愛(純愛)
128ページ
PV数/5,811・総文字数/50,220

1番好きな人とは結ばれない…

そんな呪いを代々かけられているらしい。

恋に恋する前田 玲奈。

玲奈にかけられた呪いについて知った日から
玲奈を口説き始めた幼なじみの佐藤 護。

「1番好きな人とは結ばれないならさ、
もうオレにしておけば?」

護なんてありえない!!

そう思ってたはずなのに…
カッコよくなった護にグイグイこられて…

「オレ、本気だすから」
って宣言されても困る!

いまさら、幼なじみの護となんて
恥ずかしくって、どうすればいいの?

それに、好きになったりしたら
私たち結ばれないんだよね??

—————

2021.12.23 - 2022.01.06

あらすじ

ご先祖様のせいで、好きな人とは結ばれない呪いをかけられていることを知った、中学2年生の玲奈。幼なじみの護に呪いのことを話してから、なぜか護から口説かれるように…。玲奈の好みも知りつくしている護は、見た目も変えて、グイグイやってくるから、玲奈はドキドキしっぱなし!幼なじみから彼氏彼女になるって、恥ずかしい!!それに、護を好きになってしまったら、護とは結ばれない!?素直になれない恋の始まりです。


小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)