ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

結衣くんやめないで、甘いこと。

作品番号
1654790

最終更新日
2022/3/15

結衣くんやめないで、甘いこと。

恋猫 ゆな/著 ジャンル/恋愛(学園)
327ページ
PV数/5,619,224・総文字数/77,115






大好きだった、初恋の先輩に

振られて


冷たい冬の雨に濡れていたらー。




「…俺ん家、来る?」


「…は、い?」



*:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.



とんでもない。ナンパをされました。



\モテ男、まだ恋を知らない/
片耳のピアスが似合う男子

八神 結衣 やがみ ゆい 16歳


×


\恋を知って、振られて傷ついた羽をもつ/
クール系女子
素直になったらふわふわ天然…?

佐藤 菜月 さとう なつき 16歳




*:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽





「…行かない。知らない人には
着いて行ったらいけないから。」



「俺は、知ってるけど。」



「わたしは、知らない…っ!!!」




ずっと、ずっと近寄りがたかった人。

クラスでは黒髪で
密かに女の子に人気で。


わたしになんか構わないでいいのに。


「ちゃんとご飯食べた方がいいって
家来て」


「…行かない」



引き換えすことだって、できたのに。





.♡*.




「俺のキスで、忘れさせてあげる」



「…っ…ん」



「可愛すぎ。…っなつ、き
もう一回キスしよ」


「…ゆ、いくん。ぎゅってして」



「いいよ。たくさん泣いて」



誰かが言ってた
たくさん、たくさん泣いて

ぎゅうってしたら


あたたかくなるってー…




☆。.:*・゜



もう、後戻りはできない。







小説を読む