ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

突然の夕立、びしょ濡れの先輩と雨宿り

作品番号
1648164

最終更新日
2021/9/13

突然の夕立、びしょ濡れの先輩と雨宿り

由井しのぶ/著 ジャンル/恋愛(純愛)
29ページ
PV数/5,360・総文字数/12,693



「先輩、ですよね ・・・」



 空に広がる灰色の積乱雲

 突然の雨で、制服が濡れる


 体に張り付くYシャツが透けて

 先輩の地肌が見えてしまう



「お前、渡会 夏美だよな・・・」


「そうです・・・」



 二人は、濡れた制服が恥ずかしくて

 お互いの顔を見て話すことができない


 中学一年の時から憧れていた先輩と偶然の再会

 高校生になった夏美は、積極的な行動に出る




 二度とこないチャンスを、逃さないために・・・・・・






◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


渡会 夏美
(わたらい なつみ)

女子校に通う平凡な高校一年生
放課後、雨の中で二つ年上の先輩と再会する


◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇



「わたし、先輩のこと・・・」


「おい見ろよ、晴れてきたぜ!」



自分の思いを先輩に伝えるため

夏美は勇気を出して話かける


でも、先輩はその言葉を断ち切るように・・・・・・




突然の夕立、びしょ濡れの先輩と雨宿り





夏美の恋の行方は・・・・・・







表紙 フリー画像

野いちご編集部ツイッター様の週末お題
ツイ題13『夕立、びしょ濡れ、雨宿り』
よろしくお願いします



小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)