ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【新作】ドSな救命医に見初められ、婚姻関係を結びました。

作品番号
1644922

最終更新日
2021/10/20

【新作】ドSな救命医に見初められ、婚姻関係を結びました。

高坂彩乃/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
168ページ
PV数/276,264・総文字数/82,274




すすきの総合病院。
そこは有名な芸能人や政治家などのセレブばかりが集まる総合病院だ。
そこで救急救命医として働く一人の医者がいた。


その人はクールで情熱的で、だけど誰よりも人一倍努力している救急の高枝(たかえだ)北斗(ほくと)だった。
わたしはその先生と出会い、人生が大きく変わったーーー


そしてわたしの父親は、楠(くすのき)海浜病院の病院長でもある楠(くすのき)嶺二(れいじ)だ。 
そんな時、父親からお見合いをするようにと命じられる。
そしてその当日、お見合いの場所にやってきたのはーーー


「……え、ウソでしょ」

あのすすきの総合の救命医である、高枝(たかえだ)北斗(ほくと)だったのだ。


「お前か?俺の見合い相手ってのは」

「……そうです、けど」

「ふーん……。お前、結構胸デカイんだ?」

「はぁっ!?」

 


だけどその救命医は、ドSでとんでもない失礼野郎だった……。

第一印象、最悪。言葉遣い、最悪。態度、最悪。そしてとんでもなく失礼な男なのに……。




「気に入った。お前との縁談、受け入れてやる」

「えぇ……?」

「結婚、してやるよ」



なぜか初対面で見初められ、婚姻関係を結ぶことになりました。




楠海浜病院・救命医の妻 さくら(24)

すすきの総合病院・救命医の夫 北斗(31)




☆START
2021/8/7〜
2021/8/9 公開



ベリーズカフェ小説大賞エントリー作品です。
こちらを先に完結させる予定です。

あらすじ

ある日、救命医のわたし楠さくらは、父親である楠嶺二からお見合いするようにと言われた。

しかもその相手は、第一印象も最悪、言葉遣い最悪のとんでも救命医【高枝北斗】だった……。

そんな救命医である高枝北斗とお見合いしたら、なぜか当日、相手に見初められてしまい、そのまま結婚することに!?

だけど彼の救命医としての腕は最高で……。


小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)