ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

跳んで、落ちて、見上げたら

作品番号
1643464

最終更新日
2021/7/27

跳んで、落ちて、見上げたら

羽夜/著 ジャンル/青春・友情
46ページ
PV数/39・総文字数/19,856



春の暖かな日差しが降り注いでいたあの日。



私は、一目惚れをした。



リズム良く助走をつけて高く跳ぶ、その競技に。



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



1.九歩で緩やかな曲線を描くように
テンポよく走る


2.マットの手前で踏み切る


3.高く跳び上がり、バーを落とさないように
その上を超える



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈




低身長女子
(149センチ)

×

走高跳
(スランプ)

×

人間関係
(女子の裏事情)



明るく元気で幼い女子中学生が経験した本当にあったお話。



START→2021.7.20
END →2021.?






小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)