ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

毒林檎令嬢と忠実なる従僕〜悪役はお断りなので番契約を破棄したら溺愛過剰な狼の独占欲を煽ってしまった〜

作品番号
1643091

最終更新日
2021/12/3

毒林檎令嬢と忠実なる従僕〜悪役はお断りなので番契約を破棄したら溺愛過剰な狼の独占欲を煽ってしまった〜

雪永千冬/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
162ページ
PV数/81,678・総文字数/62,960

公爵令嬢ティアベルが七歳の誕生日にお父様から与えられたプレゼントは、なんと黒髪美少年(狼獣人)だった。え?なんで?

しかも彼・アルトバロンと主従契約を結んだ瞬間に、自分が悪役令嬢で十年後には彼から暗殺されることを思い出す。……どうしよう、とりあえず彼に私が原因のトラウマを植え付けさえしなければ、暗殺されたりしないよね!?

そうと決まれば徹底的に努力するのみ!

ということで、乙女ゲームで悪役令嬢が従僕に行った行為の真逆の行動をとることにした。虐げずにたくさん甘やかし、とにかく十年間頑張った。

頑張った、のに! 大人になり魔力チートな絶世の美青年に育ったアルトの様子が、なんだかおかしい。

不測の事態でうなじを噛まれて形だけの番契約を結んでいたけれど、彼と乙女ゲームのヒロインの仲を応援するために
「正式な婚約とはみなさないから安心して。あなたは私に囚われなくていいの」
と番契約の破棄を希望したところ、彼から返ってきたのは背筋が凍るほどの危機感を覚える甘い微笑みで……?


レビューを書いて図書カードを当てよう!

小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)