ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

足りない時計のパーツ

作品番号
1634839

最終更新日
2021/5/10

足りない時計のパーツ

羽夜/著 ジャンル/ホラー・オカルト
90ページ
PV数/994・総文字数/59,864



「……な、にこれ。ここは、どこ?」

左手に巻かれたベルトと円形のケース。

辺りを見渡すとそこにはよく見知った顔が5つあって──


怖がりで弱虫の花澤伊都子(はなざわいつこ)

そんな彼女を支えてくれる伏見優(ふしみゆう)

目つきの悪い荒くれ者の室戸六夜(むろとろくや)

美人でお姉さん的存在の五条美石(ごじょうみせき)

天真爛漫、元気っ子の段原一葉(だんばらかずは)

そんな彼女の幼なじみ四ツ谷鏡(よつやきょう)


教室へ集められた仲良し六人組。
だけど誰一人、ここに来た記憶がなくて……



「……!?どこに行った?!おい!」


1人消え。


「……くっそ、止まれよ!!」


2人消え。


「っ、なんで開かないの……!!」


3人消え……それから……。



「鬼ごっこ、しよぉ……?捕まったらあたしとずぅーっと……あ・そ・ぼ」



花子さんに追いかけられて。



「「次は、私の番かな……?」」



もう、これ以上は死なせない。

次こそは、間違いませんように……。




Since→2021.4.10
End→2021.5.9




小説を読む

NEW!!