ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ありきたりの恋の話ですが、忘れられない恋です

作品番号
1625254

最終更新日
2021/2/20

ありきたりの恋の話ですが、忘れられない恋です

にしのそら/著 ジャンル/恋愛(純愛)
73ページ
PV数/545,709・総文字数/38,442

兄の親友

海堂 晶斗(あきと)
現在 31歳

たまに私だけに見せる意地悪…

わざと揶揄ってきたり…

落ち込んでいたら、不器用な優しさで励ましてくれたり…

そんな人に恋に落ちるのは簡単でした。
そして、見事に砕けた
約3年前の恋…
 

篠原 望愛(のあ)
愛称 ノン
現在 25歳 生まれてこの方彼氏なし

忘れられない恋を引きずって、前になかなか進めないでいた。兄が結婚した事で、新たな恋に歩きだそうとしたら…彼がぐいぐいと迫ってきます。

結婚して幸せなはずの彼が、今更、迫ってくるのはどうしてですか?

私は、不毛な恋をするつもりはありません。

どうか、幻滅させないでください。
                  2021.2.14
♾♾♾♾♾♾♾♾♾♾♾♾♾♾♾♾♾

sadsukgcさん レビュー ありがとうございます♪

優雅 カヲルさん  感想ありがとうございます♪

もも(*^◯^*)さん レビュー ありがとうございます♪

こたまんじゅうさん レビューありがとうございます♪

あらすじ

3年前、晶斗の態度から好かれていると確信していた望愛は、まさか振られるなんて思わずにいた。傷ついた望愛は、晶斗とはその日から一切の連絡をたち、兄の結婚式で再会する。晶斗を吹っ切ろうと動き出した望愛。だが、晶斗はそんな望愛の邪魔をし、何故だかせまってくる。そんな中、晶斗の嫁だと名乗る女が現れて、望愛は再び傷ついた。軟化してきた望愛の態度がまた一変して頑なになり、その理由を知った晶斗は真実を伝えた。


小説を読む

NEW!!