ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

身代わりでも傍にいたかった

作品番号
1623878

最終更新日
2021/1/13

身代わりでも傍にいたかった

ゆうのバスケット/著 ジャンル/恋愛(純愛)
43ページ
PV数/135,104・総文字数/38,369

人を好きになってしまうと臆病になってしまったり、
言わなくても解って貰えている・・と
でも、言葉にしないと伝わらない事もあるので
少し勇気をもって伝える大切さを知ってもらいたいです。

又、あの時に戻れたらと思う時もあるかもしれませんが

今、この瞬間を大切にして欲しいと思ってます。

幸せは砂のようです。掬って掌にのせても少しずつ零れてしまいます。



みやのもり さん レビューを有難うございます。初めてレビューを書いて頂きこんなに
嬉しいのだと知りました。感謝です。






あらすじ

翔と付き合っている真央。
彼女だけど恋人じゃない。翔が好きなのは私の友達の夏海だから。
それでも傍にいたい。


小説を読む

NEW!!