ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

浅葱色の約束。─特別記念story─

作品番号
1613755

最終更新日
2020/9/18

浅葱色の約束。─特別記念story─

◇理人◆/著 ジャンル/歴史・時代
175ページ
PV数/9,330・総文字数/79,488




かつて鬼と呼ばれた男と、
そんな鬼を追いかけた少女。

これはそんな2人の新しい命の物語───…



『…ここは…どこだ…?──は…?
しんせん……ぐみ…───…?』



誰かに似た面影のある
1人の少年の前に現れたのは



『なんか君、誰かに似てる気がするなぁ』

『お前あいつの兄弟なんか!?そっくりやん!』



弟によく似た笑顔を振り撒く男と、

母がよく話していた“弟”に似た少年だった───。








『俺怖いんだよ。こんなの全部夢だったってされそうで…
───…いつか俺の前からあの人は消えちまう気がする』


『僕は強い。僕には才能がある。
それなのにどうしてあの人は僕を褒めてくれないの───…?』



これは、そんな誰かに良く似た
2人の少年の物語───。







※この作品は歴史に忠実ではございません。
フィクションだからこその自由さです。

『浅葱色の約束。』シリーズ、全て読破しないとわからない話になっています。
ぜひそちらをご覧になってから開いてください。

ファン登録者数150人突破を記念し、執筆致しました。

ファン登録してくださり、ありがとうございます!




この作品を読むには◇理人◆さんの
ファン作家登録が必要です。