ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

王子様の寵愛は突然に―地味眼鏡への求愛のしかた―

作品番号
1613683

最終更新日
2020/11/30

王子様の寵愛は突然に―地味眼鏡への求愛のしかた―

みなつき菫/著 ジャンル/恋愛(オフィスラブ)
366ページ
PV数/763,975・総文字数/125,113

✳✳✳

すべてのはじまりは
我社の極上の王子様(社長)を
変質者と間違えたことからだった?


「責任とってもらおうかな」


地味で冴えない私に
こんな極上の王子様が本気なわけがない
そう思ってたのに


「君が欲しい」

「僕のシンデレラ」


恋していい相手ではないのに⋯⋯
紳士の仮面の下は強引男子?

もう逃してもらえない
あまーい あまーい 王子様との恋


真島 来美(マシマ クルミ)29歳
漆鷲フーズ株式会社 商品開発チーム所属
⋯甘味好きの仕事に生きる瓶底眼鏡の地味女⋯



漆鷲 永斗(ウルワシ エイト) 34歳
漆鷲フーズ株式会社 社長
ホールディングス会長の孫 旧財閥ハーフ極甘御曹司


――感想ありがとうございます――
結城ひなた様♡tomomizu様♡
shineelove様♡の、の、の様♡

――ベリーヒルズビレッジが舞台です――
文字数が規定に収まらなそうなので
思いきってコンテストは取り下げました。
なので、ゆるーく長編で書かせてもらいます
―――――――――――

○作品に出てくる企業団体はすべて妄想のフィクションです。
○完結ボタンまでは、内容や変更にご理解下さい。


たくさんの本棚inありがとうございます。
軽い全体修整 2020/10/22
急ピッチで修整しつつ更新しております。


小説を読む

NEW!!