ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

それを恋だと知ったとき。

作品番号
1608436

最終更新日
2020/7/6

それを恋だと知ったとき。

riie./著 ジャンル/恋愛(純愛)
6ページ
PV数/116・総文字数/3,105

風に揺れる君の髪が

夕陽に照らされた君の横顔が


鈴の音のように爽やかで力強い君の歌声が


何よりも、そんな君自身が
この世で一番きれいだと思ったんだ



あらすじ

和泉麻里香はごく普通の高校一年生だ。しかしそんな彼女には誰にも言えないヒミツがあった。

ひょんなことからそのヒミツを知った学校一のモテ男鈴宮悠里は、彼女にある提案を持ちかける。

「誰にも言わない

……俺のために歌ってくれるなら」




一見地味子な麻里香(マリカ)

一見チャラ男な悠里(ユウリ)


の青春純愛ラブストーリー♡


この小説の宣伝エアラブ

小説を読む