ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

何回言ったらわかるの?

作品番号
1606014

最終更新日
2020/6/17

何回言ったらわかるの?

佐々木由美/著 ジャンル/恋愛(純愛)
4ページ
PV数/114・総文字数/1,580


ねぇ、何回言ったらわかるの?

「好きだ」って言ってんじゃん。どうしてそうやって誤魔化すの?

わかった、もういい。

偽物でもいいからそばにいさせて。



中山美穂(なかやまみほ)
「偽恋人になろう。お互い、目的は同じでしょ?」

×

大山悠輔(おおやまゆうすけ)
「好きな子いるんだ。その子を振り向かせたい。」



笑った顔が好きなんだ。

笑顔になれば、それでいい。

偽恋人も、あなたを縛りつける鎖だよね?

わかった、もうやめよう。

でも最後に。

「好き」って言わせて。




幼なじみどうしの、勘違いラブ♡


小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)