ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

忘却ラブシック ~あまのじゃくな君には騙されません~

作品番号
1600243

最終更新日
2020/5/27

忘却ラブシック ~あまのじゃくな君には騙されません~

花椰/著 ジャンル/恋愛(学園)
25ページ
PV数/633・総文字数/10,261

✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼


「これは特別な魔法が掛かってるから、大丈夫だよ。
だから手術が成功して、心も体も元気になったらさ。
また――あの素敵な音色を聴かせてよ」

生まれ付き虚弱体質で、
何かと入院する機会が多かった小さい頃。

そんな弱い自分が嫌いだった私を変えてくれたのは、
病院で出会ったある男の子だった。

もう、会えないかも知れないと思っていた。
初恋の人、なのに。


✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼


「ハルくん、だよね……?」

「さぁ? 悪いけど、人違いじゃないかな?」

まさか再会したと思ったら、
私の事なんてすっかり忘れられていた!


✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼


「俺はどちらかと言うと記憶力良い方だからね。
君みたいな可愛い子と出会ってたのなら、
忘れる筈ないと思うけど?」

「そんなに忘れたって言うのなら、
何が何でも思い出させてあげますね? 先輩?」


おまけに何だか軽薄男になってるし……。


✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼


「何処からどう見ても、
ハルくんにしか見えないのに……」

「初恋の人、ね。
そんな会えない男より、会える男にしたら?
例えば――俺とか、ね」


勘違いなんかじゃない。
私の初恋を、無かった事にしないで。


✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼


「真っ赤な顔で喚かれても、説得力ないよ」


ねぇ、何でそんなに拗らせちゃったの?


「ふぅん……で?
怯えるしか能が無いリスみたいな見た目の癖に、
随分と威勢がいいね。
――ほら、もう俺から逃げられないよ」


*⑅︎୨୧┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎୨୧⑅︎*

天羽 翼
(Amou Tsubasa)
✿ 病弱マイペース天使少女 ✿

×

星ノ宮 悠
(Hoshinomiya Haru)
♣︎ お気楽こじらせ軽薄少年 ♣︎

*⑅︎୨୧┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎୨୧⑅︎*



\ じれじれ純愛ほろ甘ストーリー /


あらすじ

小さい頃から自分の体の弱さに苛立ちを抱いていた天羽翼。ある時、病気が発覚し手術する事に。そんなやさぐれていた翼の前に現れたのは、天真爛漫な一人の男の子だった。「キミはちょっとドジで間抜けでピアノが大好きなだけの、普通の女の子だよ」何気無い言葉に救われた翼は、それから突然会えなくなっても、彼を忘れる事は無かった。
そして季節は巡り、高校生に。期せずしてあの男の子「ハルくん」と再会するが……?!


小説を読む