ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

彼の暴言にはヤンデレが隠されている。

作品番号
1598433

最終更新日
2020/5/5

彼の暴言にはヤンデレが隠されている。

夜天泣/著 ジャンル/恋愛(学園)
28ページ
PV数/48,032・総文字数/20,562

平々凡々な主人公、音葉(おとは)。
幼なじみの美夜(みや)は中性的なイケメンで、どんなことも人並み以上こなすハイスペックボーイ。

美夜の外面は最高に良いけど、音葉に対してだけ暴言を吐きまくる最低野郎。


そんな美夜から離れようとすると、彼は不機嫌な表情で…、


『は?彼氏?出来るわけねぇだろ、寝言は永遠の眠りについてから言えよ』


……本当に、なんなんだこの幼なじみは。


彼と、暴言から逃れたいポーカーフェイス平凡女子の音葉と、

ヤンデレを暴言で隠す(ハイスペックなのに)どこか不器用な美男子の美夜。


このお話は、
そんな2人が紡ぐお話となっております。


『…音葉が彼氏作ったりしたら正気でいられる自信ねぇよ……』


美夜の本心はいつまで隠し通せるのでしょうか…?









あらすじ

主人公の音葉は平凡な女子高生。
幼なじみの中性的なイケメン、美夜に暴言を吐かれる毎日でうんざり。

なのに、

『お前はさ、俺に彼女いてもいいんだ?』


時折彼の見せる切ない表情は、音葉への狂おしい気持ちを押し殺すもので…。




小説を読む