ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

あの日交わした約束は、君がいないと守れない。

作品番号
1593652

最終更新日
2020/9/2

あの日交わした約束は、君がいないと守れない。

波月亜緒/著 ジャンル/恋愛(学園)
244ページ
PV数/223,052・総文字数/106,820



夕日を見ると、頭が痛くなる時がある。


バラバラのピースがちゃんと完成できるように


色んな光景がよみがえってきて、


頭の中でそれをくっつけようとするけど


まだ完成できない、したらいけないとでも言うように


私のどこかで拒んでいる。


そっか。


今までこのパズルが完成しなかったのは、


君に出逢う前だったからなんだね。


君に出逢うために私は拒んでいたんだ。


ねぇ、離れていかないで。


君にまた出逢えたから、私はもうこの思い出のパズルを


完成させることができるよ。

あらすじ

学校の王子様の本命の”フリ”をすることになった霞。
王子様が霞を本命に選んだのには、大きな理由があった。


ありがとう


君の「ありがとう」にあんな意味があったなんて、知らなかった。


小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)