ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【完】私のいちばんを、きみにあげる。

作品番号
1592899

最終更新日
2020/8/3

【完】私のいちばんを、きみにあげる。

水野まいね/著 ジャンル/恋愛(学園)
445ページ
PV数/197,337・総文字数/203,156


世の中には、辛党の人と甘党の人がいると思う。


そしてそれは、人の性格にも言えるのだ。








.




いつも仏頂面で、眉間に皺を寄せてるきみだから。


あのパッと弾けたようなカオを見たら




……きみに溺れること、間違いナシ。

(本人談)



.










辛辣・辛口・塩対応、超シビアな
(世話焼き)辛党女子


×


甘口・甘々・砂糖対応、超寛容な
(小悪魔)甘党男子







甘党男子vs辛党女子

(一途男子vs不器用女子)



糖度100%&辛味100%の


激甘、時々シビア日常。






✳︎





いつだって、あのカオを見せるのは僕じゃない。



ねぇ。どうやったらきみの視界に入れる?


どうやったら、きみは僕のことを好きになってくれる?







……きみの1番になれなくても。



きみの、トクベツになりたかった。









✳︎ 世界でいちばん不器用な恋を ✳︎






──────私の“1番”を、きみに。






旧タイトル:ねぇ、もう君しか見えてないんだけど。




◌ 2020.03.07〜 執筆開始

◌2020.07.25 end








小説を読む