ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

偽りの花束を君に捧ぐ。

作品番号
1589824

最終更新日
2020/3/10

偽りの花束を君に捧ぐ。

相川suu./著 ジャンル/恋愛(純愛)
53ページ
PV数/789



あなたはどうして偽りの自分を作っているの?







どうしてだろう。







私、君の事が大嫌いなのに







気になって仕方ないの。








私の前だけでいい。













私の前だけで良いから















___あなたの本当の心の中を見せて。


























偽りの花束を君に捧ぐ。







2019.2.9~










あらすじ

高校1年の櫻井 棗と篝月 縢音は過去に傷を持って生きていた。棗は高校に入る前、謎の不良男にぶつかられ大好きなプリンを落としてしまう。その事を忘れられないまま高校生活初日を迎える。その時遅れてやってきたのは身だしなみを整え、偽りの仮面を被ったあの不良男(篝月 縢音)だった。縢音が不良だったことは2人の秘密。

なぜ縢音は偽りの自分を作っているのか?

タイトルの意味が分かった時あなたはきっと涙する。


この小説の宣伝エアラブ

小説を読む