ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

涙が枯れても、俺はキミを愛してる。

作品番号
1587307

最終更新日
2020/1/26

涙が枯れても、俺はキミを愛してる。

彰野くみか/著 ジャンル/恋愛(学園)
5ページ
PV数/198

キミはひとりじゃないんだよ。

……って。


もっともっときちんと伝えるべきだった。


キミがわたしに課した試練は、
あまりにも残酷すぎて……。



「未來と一緒に永遠を見たい……」


泣きながらそうつぶやいたキミのこと、
わたしはちゃんと支えられてなかったんだね……。


キミがいなくなってからの日々は、
ラジオから流れるあの曲のように止まったままだよ……?


キミと一緒に聴いた、
あのラストナンバー……。



✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎


「わたしには裕紀だけ……」

「わたしが裕紀を死なせたのっ‼︎」

「わたしは一生、裕紀が好き——」


中学時代の元カレが忘れられない少女、

笹原未來。
—Mirai Sasahara—


×


「過去の男引きずるとか、かっこ悪りぃよ?」

「俺が忘れさせてやろーか?」

「俺がその男より愛してやるよ……」


見た目は怖いけど未來を優しく包み込む少年、

立原 楓。
—Kaede Tachihara—



✩.*˚✩.*˚✩.*˚✩.*˚✩.*˚✩.*˚✩.*˚✩.*˚✩.*˚✩.*˚✩.*˚✩.*˚





キミはこの星空から、
わたしを見守ってくれているのかな……?





2020/01/16♡start





あらすじ

いじめ自殺した中学時代の元カレ、松岡裕紀が忘れられない少女、笹原未來は、高校の入学式の日に学校1の不良、立原楓と出会う。最初は気にもとめていなかった未來だが、楓と触れ合ううちに楓に惹かれ始める。
元カレの自殺を止められなかったことに責任を感じている未來は自分の気持ちに気づき、楓を避け始めるが——⁇


小説を読む