ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

かすみ草の花束を。

作品番号
1580594

最終更新日
2019/12/6

かすみ草の花束を。

きゅんこ/著 ジャンル/恋愛(純愛)
241ページ
PV数/5,073



「先輩っ! 今日も大好きです…!!

付き合っ」


「無理」「半径1メートル以内に近づくな」


今日も先輩は冷たい。

だけど本当は、優しい人だって

知ってるんです。


あの笑顔を見た日から

ずっとわたしは、先輩に恋をしてる。


°○.°○.°○.°○.°○.°○.°○.°○.°○.°○.°○


*登場人物*

花咲 小枝(はなさき こえだ)

いつも元気で明るい高校1年生。 とにかくパワフル。
髪型はミディアムヘアで前髪は眉上の栗色の髪、体型は小柄。
ひとつ上の黒崎先輩が大好き。
頭はそんなに良くないが、走るのがとにかく速い。(小さいからすばしっこい)
体は小さいくせに、声が大きいのが特徴。

黒崎 純(くろさき じゅん)

小枝が一途に想っている先輩。
容姿は完璧だが、誰に対しても冷たい。
流川正人には、なんだかんだ心を許している。
りんごが好き。
自分の周りをうろちょろする後輩、花咲小枝が嫌い。

流川正人(るかわ まさと)

純の一番の理解者であり、唯一彼と仲の良い先輩。
純とは真逆で、誰に対しても優しい。
周りをよく見ていて、穏やかな性格。
サッカー部で、学年トップの人気者。
小枝と純のことを応援している。

町野 美羽(まちの みわ)

小枝の幼馴染であり、親友。
小枝をいつも見守る天使のように優しい美少女。
犬が好きでチワワを飼っている。
幼い頃から一緒の小枝と美羽は、"花町コンビ"と呼ばれる。
流川先輩のことが気になっている。


°○.°○.°○.°○.°○.°○.°○.°○.°○.°○.°○


「先輩…だったの…?」


それは運命か、必然か


「ありがとう。 俺を見つけてくれて」


重なり合う記憶


思い出したくないもの

痛み続ける傷

堕ちていく心


その中から救ってくれたのは

君だったんだ。ーーーー



《エブリスタで完結した作品を再編集して掲載しています》

あらすじ

花咲小枝は元気で明るく、笑顔がとても似合う花のような三葉高校1年生。
入学式の日の帰り道、ある男の人に一瞬で恋をしてしまう。

だがその人は、同じ高校に通う2年生であり、周りからは冷たい人だとこわがられ、全く笑わない(むしろ睨まれる)黒崎純であった。

そんな彼に彼女は何度も告白し、フられ続けている日々を送っていたが、ある日純と唯一仲の良い流川正人(るかわまさと)にある提案をされて…?


小説を読む