ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

一つ願いが叶うなら、君の声をもう一度聴きたい

作品番号
1580297

最終更新日
2020/2/6

一つ願いが叶うなら、君の声をもう一度聴きたい

Nakochan/著 ジャンル/恋愛(純愛)
40ページ
PV数/1,049・総文字数/15,796

私は、人間が嫌いだ。




家族も、友達も、クラスメイトも。




何も、信じられるものなんてない。



”信念”とか”信頼”なんて、私の人生にはない。





────────でも、それでも構わない。





私は、もう少しで黒い世界に放り込まれるのだから。




一人っきりは、寂しいのだろうか。



それでもいい。いいのだ。




黒い世界は、何もない。





不安でも、何でもいい。




それが、生まれてきてしまった私が”自分自身”に下す、最後の”制裁”だから。








だけど。一つだけ、私でも願っていいのなら。











『一つ願いが叶うなら、君の声をもう一度聴きたい』

あらすじ

私、城崎 明日香(しろさき あすか)。高校二年生の女子。



毎日を無気力に生きる私は、いつしか人を信じられなくなっていた。



──────「私には、未来も夢もない」



私は、一人ぼっちだ。



それでも、別に構わない。



そう思っていた。



でも、あるクラスメイトと過ごしていくうちに、考え方が変わっていって・・・・・・?


小説を読む