ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

描き続けた夢は、きっと私の手の中に、

作品番号
1575422

最終更新日
2019/9/27

描き続けた夢は、きっと私の手の中に、

萌葱 陽彩/著 ジャンル/ノンフィクション・実話
6ページ
PV数/73・総文字数/3,340

「ありがとう」

そう言って、おばあちゃんが微笑む顔をもっと見れたら良いのに。

そう思い始めたのは、いつからだろう。

「介護」というものに興味が出たのはいつからだろうか。

「介護士」になりたいと思い始めたのは、何でだったっけ。

これは、介護に全く興味が無かった私が介護士を目指すようになった話である――。


小説を読む