ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

無口な彼は溺愛が過ぎる

作品番号
1574536

最終更新日
2020/2/4

無口な彼は溺愛が過ぎる

ぱりす・パリ子/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
254ページ
PV数/830,154・総文字数/129,489



恋は突然に、なんていうものだけど…。


「好きだ、付き合ってくれ」

「……天野さんの席は後ろだよ」


ーーー確かに、彼は突然やってきた。




蒼井茜‐Akane Aoi‐

「やべえな、可愛すぎて困る」

×××××

佐藤新奈‐Nina Sato‐

「…こ、困ってるのはこっち!」




無口で無表情、何を考えているのか分からない。

そんな彼に愛される日々は、刺激的で甘すぎる。


「なあ、このまま…いいか?」

「だ、だめ!」



【 無口な彼は溺愛が過ぎる 】



「好き過ぎて、どうにかしてしてしまいたい」


そして、ちょっぴり危険な感じ。



START:190918
E N D:200204

あらすじ

佐藤新奈は少し(?)勉強が苦手なだけで、どこにでもいる普通の女子高生。そんなある日、学年一のイケメン・蒼井茜に告白されてしまう。茜は『鉄面皮な王子様』として無表情かつ無口で有名だったが、本当の彼は新奈への溺愛が止まらない甘々な男の子だった。戸惑い警戒する新奈であったが、毎日毎日「好きだ、付き合ってくれ」と迫ってくる茜に翻弄されっぱなし。無口な彼からの甘々溺愛ラブコメディ。


小説を読む