ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

口説き文句は空腹を満たしてから

作品番号
1573082

最終更新日
2019/10/13

口説き文句は空腹を満たしてから

雨莉さらさ/著 ジャンル/恋愛(純愛)
11ページ
PV数/10,489・総文字数/6,782

「めがけて投げた言葉なんで、少しでもかすってくれてよかったです」

「……もしかして私、今口説かれてます?」


何てことない悩みを、何てことないと教えられた午後11時30分すぎ。

紅しょうがのつーんとくる酸っぱさと、あなたの妙に真剣な表情と、ムード皆無の口説き文句と。

あらすじ

友人に誘われしぶしぶ合コンに参加した大食いなOL廣川 澄乃。案の定合コンの食事だけでは足りず、帰りに寄った牛丼屋で同じ合コンに参加していた伊澤 祥汰に遭遇してしまう。過去のトラウマから大食いを隠していた澄乃は……
ネガティブな大食いOLとマイペースな大食いサラリーマンの深夜の牛丼屋での攻防戦。


小説を読む