ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

紅に染まる烏

作品番号
1573022

最終更新日
2020/3/28

紅に染まる烏

響 一花/著 ジャンル/歴史・時代
227ページ
PV数/38,014

かつて京には、全身に黒をまとい瞬きする間に人を噛み殺す、烏(からす)のような人斬りがいた。





1度目をつけられれば逃れることはできない。

地獄の果てまで追い回され、一噛みで命を奪われる。



牙は紅く、その理由は、人の血と恨みをたっぷりと吸い、呪われているからとも言われている。







「今日こそお前を殺してやる」


「ふっ、殺せるものならやってみるがいい」





✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼






私は新時代を切り開く。


これから先、誰もが幸せな世を創るために。






この見えない全身の火傷を受け止め、今日も私は。









どうぞお楽しみください!

完結に向け、頑張ります!!



笑恋 様


素敵なご感想ありがとうございます!!



START R1 9月5日

END R2 3月25日



R2 3月4日 35位で歴史・時代初のランキング入り!!

R2 3月29日 歴史・時代ランキング1位



本当ににありがとうございます(o^^o)



小説を読む