ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

雨が降っている。でも一本しか傘はない。

作品番号
1572088

最終更新日
2019/8/27

雨が降っている。でも一本しか傘はない。

宙荷 雨芽/著 ジャンル/恋愛(純愛)
0ページ
PV数/0・総文字数/0

未設定

あらすじ

突然、雨が降り出した。


学校の玄関で立ち尽くしていると、

「これ使えよ」

君は、そう言って傘を差しだしてきた。



君と私の家は、同じマンションの隣の部屋。

“一緒に帰ろう”

その一言が言えなくて、私は「ありがとう」とだけ言って、傘を受け取った。


小説を読む