ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ぎゅうしてないといやだよ

作品番号
1568777

最終更新日
2019/9/17

ぎゅうしてないといやだよ

クロネコお月/著 ジャンル/恋愛(純愛)
64ページ
PV数/2,574・総文字数/14,642

「蜜ぎゅうしてくれないといやだよ」



「ほんと冬花は甘えんぼだね?

いいよ、僕がぎゅうしてあげるよ」



私は蜜なしじゃ生きられないのーーー



お願い蜜。いっぱいぎゅうして?



「冬花に近づいたら怒るよ?」


「冬花は僕のものだから触らないでくれる?」



冬花だけは絶対に譲らないからーーーー



ぎゅうしてくれないと
泣いちゃう甘えんぼーー

榎本冬花Anomoto Fuyuka

冬花に超絶甘々
冬花に近づく男にはーー

西道 蜜Saido Mitu



無気力系同士の甘すぎる恋の始まりーーーーーー

あらすじ

父親がきっかけで男性恐怖症な榎本冬花は幼なじみの西道蜜以外の男性には触られたら震えが止まらない。だけど蜜にはぎゅうをしてもらわないと泣いちゃうほどの甘えんぼ。そんな冬花を溺愛する蜜は冬花に近づく男は許さないほどの独占欲の持ち主。そんな無気力系同士の恋の行方はーー


小説を読む