ケータイ小説 野いちご

オーデマ ピゲが旗艦店を銀座にオープン - バー併設のリラックス空間

作品番号
1568598

最終更新日
2019/7/30

オーデマ ピゲが旗艦店を銀座にオープン - バー併設のリラックス空間

铃木幸惠/著 ジャンル/恋愛(純愛)
0ページ
PV数/0

ニューブティックは、139年にもわたりブランドの核となってきた、そのルーツとマニュファクチュールにおける芸術性、そして人々とのかかわりを表現している。温かみのあるウッドを用い、スイスの風景を表現した新しいブティックは、オーデマ ピゲが生まれた地であるジュウ渓谷を思わせる空間に。この革新的なデザインは、ブランドのクリエイティブディレクター、オクタヴィオ・ガルシアとスイスの「クリエイティブ・サークル インターナショナル コーポレーション」の共同制作により生み出され、「マニュファクチュール」と「ラウンジ」の二つの空間から成り立っている。
「マニュファクチュール」では、緻密にディスプレイされた時計の数々、ウォッチメーカー・コーナー、さらにはヴァーチャルアトリエなどが展開され、どのようにして個々のタイムピースやミュージアムピースのようなものが作られているのかという知識を得ることができる。
そして「ラウンジ」は、来店者にバーやラウンジで最高のおもてなしを提供する空間だ。リラックスできる音楽やアートと共に、エスプレッソやカクテルなどを楽しむことができる。また、オーデマ ピゲが環境を保護するために行っている様々な活動や、オーデマ ピゲのブランド・アンバサダーを、特別なヴィジュアルで紹介している。
https://www.papa2018.com/brands-1-15.html
SIHH(ジュネーブサロン)で発表された新作ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ
オーデマ ピゲ ジャパンCEOのジョナサン・キングは「マニュファクチュールというものを新しいブティックに持ち込む事により、ブランドの起源と歴史、優れたクラフトマンシップ、正統性、そして新しい環境への特別なリレーションシップを伝えたい。私たちは、ゆっくりとくつろぐことのでき、お客様のご要望にお応えできるような空間づくりを目指しました」と語る。https://www.papa2018.com/


小説を読む