ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

面倒くさい君の愛し方。

作品番号
1566700

最終更新日
2019/8/3

面倒くさい君の愛し方。

柚月ひなの/著 ジャンル/恋愛(学園)
1ページ
PV数/2・総文字数/1,638

面倒くさいとしか思っていなかった君が

なぜかどんどん好きになっていく

どうしてだろうね?

分からなすぎて辛いよ

______________________

ねぇ、だから

「君の本当の気持ちを聞かせてよ。」

もう態度だけじゃ分からないから。

あらすじ

高1のさくらは、落とし物を拾ったことがきっかけで、学年1のイケメン、修に構われるようになる。ちょっかいばかり出してくる修をはじめは面倒くさいと思っていたさくらだけど、だんだんと距離を縮めていくうちに、修のことが気になるように。しかし、親友の茉依から「修が好き」と相談されてしまい、頭を悩ませるさくら。そんな中、「修が先輩とデートしていた」というウワサを聞いてしまい…?


小説を読む