ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

これは、ボクとカノジョのものがたり。

作品番号
1566601

最終更新日
2019/7/14

これは、ボクとカノジョのものがたり。

青いはな/著 ジャンル/その他
3ページ
PV数/50・総文字数/1,040

『なんで私にストーカーをするの?』


心優しい地下アイドル 冴木美波(サエキミナミ)



『ボクはっ、あ、あなた、に、あ、あなっ、たの、』


自閉症の青年 萩原サキ(ハギワラサキ)





信じてもらいたい、思い出してもらいたい。


ボクは、あなたの、.........。






アイドルと自閉症の青年。
交わるはずのない2人に起こる、必然のその先に見える真実とは___。





《2019.7.14~》

あらすじ

施設で暮らしながら地下アイドルをする美波の前に現れたのは、自閉症を持っている謎の男・サキだった。『ボクはっ、あなっ、たの、』そう言いながら美波の後を追いかけるサキを、美波はストーカーだと思っていた。ある日、サキの1枚の絵を見て美波はどこか懐かしい気持ちになる。その気持ちが何なのかを知りたくて、美波はサキとの距離を縮めていく。交わるはずのない2人に起こる、必然のその先に見える真実とは___。


小説を読む